ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

酸化能力を持つ活性酸素

※「活性酸素を増加させる放射線」からの続きです。

増加した活性酸素の弊害
酸素の数十倍にもなる強力な酸化能力を持った活性酸素が、体内に増えてしまったら大変なことになってしまいます。

例えば、癌であるとか糖尿病を始めとした色々な病気の原因になってしまうんですね


もちろん、活性酸素を増やす原因は放射線だけではありません。私たちの身近なところにも、活性酸素を生み出す要因は潜んでおります。

一般的にもよく知られているところとしましては、喫煙や過度の飲酒、ストレスなどがあげられます。そして、放射線の過剰照射というものが存在するんですね。


生活習慣病の原因となる活性酸素
ヒトが放射線を浴びてしまいますと、まず始めに体の中にある水分と放射線が搬送することになります。その後に活性酸素が過剰に生み出されてしまうんですね。

過剰に生み出され活性酸素は、身体の細胞や遺伝子を奪ってダメージを与えてしまいます。その結果、生活習慣病を発症したり、老化を大きく進めて身体的にも悪い影響を与えることになります。

活性酸素が酸化させる対象は、細胞や遺伝子だけではありません。身近なに存在するもの全てに対してなのです。例えば、内臓であったり骨や皮膚などにも及びます。


以上のように、放射線を過度に浴びてしまうということは、生活習慣病を引き起こす大きな原因を作ってしまうことになります。

放射線を過度に浴びては絶対にいけません。放射線に触れる機会のある方は、充分にご注意いただきたいと思います。

放射能を浴びてしまう被曝などはもっての外ですね。



TOP PAGE