ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

子供を放射性物質から守りましょう

※「見えない脅威の放射性物質」からの続きです。

見えない敵
放射性物質の恐ろしいところ、それはその脅威が見えないからではないでしょうか?

仮に放射性物質が飛散して吸い込んでしまっても、その影響がすぐに現れないところも放射性物質の怖いものにしているのだと思います。


たくさんの放射性物質を一気に浴びてしまわない限り、放射能の影響がすぐに人体に現れることはありません。

人間の体の中に放射性物質が蓄積されて、そお影響が表面化するためには早くても4年の月日が必要になってまいります。

もしかしたら10年後であったり、20年後に表面化する場合もあるでしょう。


子どもや女性の方が危険
成長期にある子どもは、当然のことながら細胞分裂が活発に行われています。細胞分裂が活発に行われているということは、放射性物質の影響を受けやすいということになります。

また、女性の方が男性よりも発ガンなどといったリスクは高いと言われております。


仮に放射性物質を浴びるなりして、その時は何の変化が現れないにしても先々のことを考えれば癌の発症リスクを抱えていることになりますし、子供が生まれた時に障害を持っている可能性を高いものにしてしまいます

したがいまして、放射性物質からご自身の子供を守ってあげるためには過剰なほど意識してあげる方が的を得た対応と言っても良いかもしれませんね。

放射性物質は、外部被曝にも気を付けなければいけませんが、内部被爆の方が将来に渡ってのリスクがおおきくなりますので、お子様が口にする物については充分なる注意が必要になってまいります。



TOP PAGE