ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射性物質ウランの危険性

原発や核爆弾の燃料となるウラン
手塚治虫先生の永遠の名作「鉄腕アトム」に登場する妹のウランちゃんなら“可愛い”ですみますが、これが放射性物質のウランということになりますと非常に危険なものであるという認識は誰もが持っていることではないでしょうか?

それでは実際にウランの危険性がどのようなものなのかということについてご説明してみたいと思います。


原子核によって引き起こされる核分裂反応を応用した核爆弾の原子爆弾や原子力発電所の燃料となっているのがウランです。

ウランは当然のことながら放射能を発散しますので、ウラン鉱山で採掘するということにでもなれば採掘する人たちが被曝の危険に晒されてしまうということは、恐らく多くの方がご存知のことと思います。


一般人が接する機会は殆どありません
再三触れております通り、ウランは放射性物質です。したがいましてウランに直接触れるなどという行為はもっての外でありまして、それは非常に危険な行為であり、もちろん被曝してしまいます。

しかしながらウランという放射性物質は、先ほどのウラン採掘者でない限り、一般の人が直接的に接するケースはほとんどないはずです

ですから、基本的にはそれほど神経質に心配すべき放射性物質とは言えません。


ただしウラン鉱石は鉱物です。鉱物ということは土の中に存在するわけであります。そしてウラン鉱山もまた日本には存在しています。

具体的には岡山県と鳥取県の人形峠鉱床や岐阜県土岐市の東濃鉱床が見つかっております。

しかし、埋蔵量が少なく開発されませんでした。現実には原発で使われる分に関しては海外からの輸入で賄われております。


※こちらに続きます。
>>>一般人がウランと接する機会は?



TOP PAGE