ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

具体的な除染の方法

※「放射性物質は除染すれば安全ですか?」からの続きです。

体内への侵入を防ぎましょう
放射性物質が衣服に付着した場合は中性洗剤を使った洗濯で除染が可能です。

ただ、けっして気分の良いものではありませんので、気になる場合はビニール袋に密閉して捨ててしまいましょう。

それでは持ち物に放射性物資が付着した場合はどうしたら良いのでしょうか?カバンなどはウェットティッシュで拭けば大丈夫です。


体や髪の毛のように身体に付着した放射性物質は非常に気になるところですよね。この場合はシャワーを浴びるなどしてよく洗うことです。

くれぐれも洗っている時に肌を傷つけないようにしましょう

とにかく肌に傷をつけないように注意して下さいね。放射性物質は洗い落とそうとして、硬いボディブラシなどで強くこすったりするのは体内への侵入を許すことになりかねませんので控えましょう。

また、爪の間を忘れてはいけません。しっかりと洗い落としてください。

シャワーを浴びる時、汚染水が口や目から侵入することのないように注意することもお忘れなく。


中性洗剤が約に立ちます粗
見た目には分からないかもしれませんが、放射性物質による汚染が酷い場合もありますので、そんな時は専用の除染剤を使いましょう。

放射性物質は汚染された種類によって除染方法が違ってくる場合があります。

それでも通常の汚染対策の除染であれば中性洗剤を使った水やぬるま湯で洗えば大丈夫でしょう


繰り返しになりますが、除染に当たっては中性洗剤を使いましょう。アルカリ石鹸ではありませんのでお気をつけ下さい。

家の中の除染につきましては掃き掃除や拭き掃除をすると良いでしょう。ただし、相手は目に見えない敵ですからこれで安全ということにはなりません。

本当は除染した後に測定できればより安心できますね。



TOP PAGE