ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射性物質は除染すれば安全ですか?

消えることのない事故の記憶
東日本大震災により発生した福島第一原子力発電症の事故で未だに放射能に対する不安というものは、記憶が少しずつ薄く放ったとしても消え去ることはないと思います。

放射能に対しては今もなお不安に感じている方たちがたくさんおられることでしょう。そんな放射能のことなのですが、除染すれば安全そして安心なのでしょうか?

そもそも除染とは、事故などにより発生した放射能汚染という事態に陥った時、放射性物質そのものは当然のこととして放射性物質が付着したものを取り除くこと、あるいは放射能を遮断することができるもので覆い、人が生活する空間の線量を下げて抑えることです。


消えることのない事故の記憶
もし万が一、放射性物質が飛散するなどで付着するという事態に直面した場合は出来る限り迅速に除去する必要があります。

洗濯物の汚れなどと同じように放射性物質も早めの処置のほうが落としやすいと言われています。普通の汚れと違って放射性物質の厄介なところは、付着してから時間の経過とともに傷口などから体内へと侵入する可能性があるという点です


破傷風菌が傷口から侵入して破傷風に感染するのも想像したくありませんが、同じように放射性物質が傷口から侵入することだって考えたくありませんよね。

衣服などに付いた放射性物質は、落とし辛くなる前に確実に落としておきたいものです。通常衣服に付いた放射性物質は中性洗剤を活用して洗濯すれば除染は可能です。

ただそうは言っても、やはり気になりますよね。そんな時はビニール袋に密閉して捨ててしまいましょう。


※こちらに続きます。
>>>具体的な除染の方法



TOP PAGE