ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

半減期が短いくても危険な放射性物質

※「放射性物質の半減期とは?」からの続きです。

1900京年にも達する半減期
放射性物質の半減期というのは、放射性物質が崩壊する時に放射線を放出する能力が半分になるまでの期間のことです。

この放射性物質の半減期は、その種類によって期間は非常に異なったものになっております。


半減期の短いものから長いものまで両極端な例を申し上げれば、1マイクロ秒も必要としないものから、1900京年にも達するものまであるんですね。

また放射性物質の特徴として、半減期が長いものほど放出される放射線は小出しになりますが、逆に半減期が短い放射性物質ほど短い時間で放射能を放出するために放射能濃度が高くなります


体内に蓄積される放射性物質
以上のようにご説明してまいりますと、一時的な放射能濃度が高いにしても半減期が短い放射性物質の方が対処しやすいような気がするかもしれませんが、ここで安心してはいけません。

放射性物質の中に放射性ヨウ素131というものがありますが、こちらの半減期は8日間となっております。しかし、放射性物質によっては、人間の体の中の特定の場所に蓄えられてしまうものが存在します


半減期を迎えて半減しても、新たに放射性ヨウ素131が人体に侵入しますと、再び蓄えられてしまい放射線は放出を続けるということになってしまいます。

放射性物質を語る時、半減期と言う側面から見ることも必要でありますが、人の体の特定の場所に蓄えられてしまうような放射性物質は特に注意する必要があるということになります。



TOP PAGE