ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

立場によって違う専門家の意見

※「原発事故から日本を救った吉田所長」からの続きです。

立場が違うから意見も違う?
なぜ原子力の専門家と言われる人たちの間でも、言うことに違いがあるのでしょうか?それはもちろん、それぞれに立場があるからなんですね。

本来の科学的な真実に基づいたことからの判断ではなくて、その人の置かれている立場からの判断ということになるのでしょう。


ハッキリしているのは、従来より原子力発電は安全であるなどという偽りの神話を作りあげて推進してきた人たちからすれば、事故が発生したからと言って原発は危険ですなどとは言わないでしょう

また、原子力発電に関わる会社から寄付などを貰って研究をしてきた専門家も、否定的な意見を言うはずもありません。


原子力の専門家と一口に言いましても、その分野というのは細分化されているわけでありまして、自身の関わる分野には詳しくてもそれ以外のことに関しては間違っていることもあるはずです。

そのようなことから、本人は間違っているという認識がなくても他の専門家からすれば間違って見えてしまうこともいるということも多いように思います。


専門用語を並べて煙に巻く?
以上のようなことに輪をかけて混乱させてしまう原因に、放射性物質や原子力発電に関連する専門用語が統一されていないという事情もあるようです。

例えば、菅直人元首相と班目春樹元原子力安全委員会委員長とのやり取りで有名になった感のある「メルトダウン」という言葉にしても専門家と称する人たちによっては、具体的な現象について説明が異なっているように聞こえます。

もしかしたら、やたら専門用語を並べて煙に巻いているような専門家と言われる人もいるのかもしれません。


世間一般の人たちからすると、それらの人たちは敢えて難しい専門用語を並べて難解な話にして、言うことまで違っている、挙句はわけが分からないということになってしまいます。

意図するところが正確に伝わらないということは、結果として一般の人たちの不安をあおることにもなります。

一人の専門家と称する人の意見を鵜呑みするのではなく、発言している人の立場を見抜いて色々な意見を参考にして総合的に判断するしかないのかもしれません



TOP PAGE