ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射能汚染と魚の選び方

※「放射能汚染と魚の産地」からの続きです。

福島原発の事故発生で、放射能に汚染された水が海に流出してしまった出来事というのは世界中の人々に衝撃を与えたことだったと思います。

当然のことではありますが、私たち日本人が一番ショックを受けたわけですし、放射性物質の影響を受ける可能性が最も大きいのも私たちです。

JAS法に基づく品質表示基準
「JAS法に基づく品質表示基準」には次のようなものがあります。

『水産物では,国産品は水域名または地域名(主たる養殖場が属する都道府県名)を記載することとなっており,水域名の記載が困難な場合は水揚港名または水揚港が属する都道府県名を記載することができる。』

このことにより、消費者である私たちは正確な魚の産地を知ることが困難な状況になってわけであります

しかしながらそうは言いつつも、今は水揚げされた時点で魚の種類ごとにモニタリングを実施しているはずです。


各種の調査結果を活用しよう
このことを前提にして考えれば、商品として基準値以上の汚染された魚が店頭に出てしまう危険性はかなり低くなっているはずです。

それに加えて、大手スーパーマーケットを対象にした魚介類の抜き打ち調査を国際環境NGOグリーンピースが、定期的に実施しております

そしてその放射能汚染調査はホームページ上で公開されています。


魚の産地の名称だけで、買う買わないの判断をするのではなく、このような調査結果などをもとにして、実際の数値をチェックした上で魚を選別する必要があると思います。



TOP PAGE