ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射能が子供により危険なのはなぜ?

低年齢ほど危険が大きい
東日本大震災に端を発する福島原子力発電所の事故が発生して以来、放射能や原子力発電所に対しての意識は高止まりしたままで、けっして薄れてしまったわけではないと思います。

何と言っても未だ、福島は復興が叶わないわけですから。


原発事故が発生した当時は、いい加減な憶測やデマなどが流布されたりして、正しい情報がどれなのか判断できなかった人もたくさんいらしたことと思います。

これはいい加減な憶測やデマではありませんが、放射能の影響につきましては、
妊娠している女性や子供の方が危険の度合いが大きい
言われております。

これはまさに、その通りなわけであります。ここで言う妊娠している女性の場合というのは、妊婦自身ではなくおなかの子供についての危険性を指摘しているわけです。


遺伝子を攻撃する放射能
もちろん女性に危険がないと言っているわけではありません。子供の方が、危険が大きいと申し上げているのです。

それではなぜ、子供方が危険が大きいと指摘されているのでしょうか?


放射能というのは、直接的にDNA(遺伝子)を攻撃して壊したり損傷を負わせたりします。DNA(遺伝子は、生きる者の遺伝情報を担当する主要な因子ですから、それを攻撃されるということはとても危険なことなわけです。

仮に大量に被爆したりすれば命を落とすこともありますし、そうならなくても体に色々な健康被害を及ぼすことはよく知られていることと思います。


ただ、私たちの普段の生活を振り返りますとレントゲンや飛行機の利用などでも、多少の放射能を浴びてはいるわけであります。


※こちらに続きます。
>>>放射能が子供に危険な理由



TOP PAGE