ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

セシウムによる疾患

セシウム137の半減期は30年
放射性物質には色々ありますが、今回はその中でも半減期の長い、セシウムによる人間への悪影響ついて取り上げてみたいと思います。

セシウム134の半減期は2年です。そしてセシウム137の半減期はかなり長くて30年となっています。


そんなセシウムですが実際問題として、人に与えるダメージには具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

放射性物質であるセシウムが人の体に侵入すると、当然内部被爆をすることになります。体内に入り込んだセシウムは、色々なところに拡散しますが、

とりわけ消化器系とか筋肉に集中しやすいとされております。


その後セシウムは体内に留まる限り、
遺伝子や染色体を攻撃して直接ダメージを与え続けることになります。

それは要するに、癌発症の危険性が大きくなるということを意味しています。


よく見られる症例は?
もちろん、すぐさま癌を発症するというわけではありませんよ。そもそもが癌になりやすいという説には、否定的な見解も存在するそうです。

一般的には放射線を浴びてしまいますと、癌の発症率が高くなると言われていますので、この否定的な見解というのは意味がよく分からないところですけどね。


先に述べました半減期が30年というセシウム137ですが、こちらの内部被爆のケースでは不妊症になるという研究結果もあるそうです。

これらのこと以外でよく見受けられる症例としましては、
痙攣を起こす、歩行困難に陥る、心臓血管系の疾患が多いなどと言われています。


【関連記事】
セシウムの危険性



TOP PAGE