ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

内部被爆はなぜ危険?

外部被曝よりも危険な内部被爆
外部被爆よりも内部被爆の方が危険だと言われておりますが、それでは具体的にどのような危険があるのかということについてご説明してみたいと思います。

外部被爆は身体の外から被爆すること、放射能を浴びることになるわけですから、放射性物質を除染することによって洗い流すこともできます


また、着ていた服についても放射性物質除染マニュアル などに従った正しい方法で密封すれば、もう外部被爆の危険はなくなります。

ところが内部被爆は、それほど簡単なことではありません。呼吸によって体内に侵入した放射能や食事を通して入り込んだ放射能。


害を与え続ける内部被爆
これら体内に入ってしまった放射性物質は、放射能を出し続けることになります。それは体内から取り除かれるまでずっと身体に害を与え続けることになります。

もしかして食べ物は、消化されてから体の外へ排出されると思っていませんか?その通りにほとんどのものは数日くらいで汗や排泄物として排出されることでしょう。


しかしながら一度体の中に入り込んだ放射性ヨウ素は、特に甲状腺に吸収されやすい性質を持っています。そのために放射性ヨウ素は甲状腺に溜まることになるのです。

放射性ヨウ素は、年齢が若いほど甲状腺がんになる確率が高いと言われている危険なものです。


このような場合の対処方法としまして、安定ヨウ素剤の早期服用があります。放射性ヨウ素によって内部被曝をした場合は、出来る限り速やかに安定ヨウ素剤を飲んで被害を極力抑え込みたいところです。


【関連記事】
内部被爆の危険性



TOP PAGE