ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

「放射能を浴びる」とは?

外部被曝と内部被曝
皆さんは「外部被曝」や「内部被曝」という言葉を以前からご存じだったわけではありませんよね。やはりあの東日本大震災が引き起こした福島第一原子力発電所の事故によって知ることになった方が圧倒的に多いのではないでしょうか?

外部被爆とは、読んで字のごとくで体の外から被爆することです。また内部被爆は体の中から被爆することです

ちなみに被爆とは爆撃などによって被害を受けることですが、日本では世界で唯一の原爆の被爆国ということもあり、原子爆弾や水素爆弾のような核爆弾の被害を受けた人のことを呼ぶことが多くなっています。


放射能を浴びる
ところで「放射能を浴びる」という言葉がありますが、「放射線を浴びる」という表現が本来の姿です

そもそも放射能とは、「放射線を出す能力」ですから「放射線を出す能力」を浴びるでは、日本語としておかしいですよね。

また放射能をのことを「放射線を出す物質」と説明するケースもあるようですが、これは誤った表現が広く伝わってしまったようです。


したがいまして「放射能を浴びる」という誤った表現も現代の日本では定着していますので、誤った使われ方も多くの人が使うようになれば、それもまた正しいということになりますね。

さて被爆と言いましても、外部被爆と内部被爆をあるわけですが、外部よりも内部からの被爆の方が危険性が高いのではないかということは多くの方が思っていらっしゃるのではありませんか?

ハッキリ申し上げますと、外部被爆よりも内部被爆の方がやはり厄介でありますし危険なのです。

内部被爆の危険性につきましてはこちらです。

>>>準備中



TOP PAGE