ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射線と活性酸素

放射線を浴びると増える活性酸素
放射線を浴びた時の人体へ及ぼす影響の中に、活性酸素の増加という問題があります。活性酸素というのは、それ自身が安定するために、周りの分子から電子を強引に奪い取ってしまう性質があります。

つまり活性酸素が体の中で増えてしまうと、
細胞の酸化が引き起こされてしまうわけなんですね。


細胞が酸化するということはどういうことかと申しますと、老化の進行が早くなったり健康に害を及ぼすことに繋がるということなのです。

簡単に言いますと「老化が早まって、病気になりやすい体質になってしまいますよ」ということです。


活性酸素に対しては、抗酸化物質の摂取という方法もありますが、本来は活性酸素を発生させないようにすることが大切です。

また、放射線の浴びる量が多くなりますと遺伝子やゲノムが傷つけられることもあります。そうしますと癌を発症したり、不妊症に陥る危険性が高まります。

以上のように放射線を浴びるということは、とても厄介な状況に陥ってしまうということになります。


放射線を浴びないようにするために
外部被爆を防ぐ方法、放射線を浴びないようにするためには、花粉症対策と同様のイメージで対応すると良いでしょう。

花粉症対策の定番と言えば、マスクや帽子、そしてゴーグルなどの着用と極力肌の露出を避けること。そして自宅の中に花粉を身につけて入らないように外で払うという方法です。

これはもう、花粉症で悩んだ経験のをお持ちだったら、よくご存知のことだと思います。

このようなやり方と同じ方法が、外部被爆を防ぐための放射線対策ということになります。



TOP PAGE