ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

RO膜のろ過精度と放射性物質

逆浸透膜(RO膜)システム
ウォーターサーバの水を放射性物質である放射性ヨウ素やセシウムに対する安全性の面から考えた場合、逆浸透膜(RO膜)システムを使用して、ろ過していれば安心できます。

RO膜システムは0.0001ミクロンの、ろ過精度を誇ります。それに対して放射性ヨウ素やセシウムのサイズはバラバラとは言え概ね0.01〜10ミクロンとされているので取り除くことができるからです。


水の種類は、ウォーターサーバーをセッティングしている運営会社によっても違いはありますが、最近は前述のRO膜システムを活用するところがたくさん見受けられるようになりました。

これは、放射性物質対策でウォーターサーバーを検討する人が増えているわけですから、当然のことだと思います。


取り除けない放射性物質
RO膜システムを利用しているようなところのウォーターサーバーの水ならば、放射性ヨウ素やセシウムの心配はありませんね。

さらに安心して水を飲むことができるようにするのであれば、放射性物質に関わる検査を定期的に行ってネット上に公開しているようなォーターサーバーの運営会社を選択するべきではないかと思います。


放射能汚染に関する情報は、常にキャッチしておきたいところです。どのようなことでも情報収集は大切なことではないでしょうか?

ただし、いくらRO膜システムシステムといえども、ストロンチウムや中性子であるプルトニウムなどを取り除くことはできませんのでご注意ください。

このような放射性物質に対する心配事が、早く終息することを願うばかりです。



TOP PAGE