ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

放射性物質とウォーターサーバーの安全性

水道水から放射性物質を検出
東日本大震災によって引き起こされた、福島第一原子力発電所の事故というのは、まだまだ生々しく人々の記憶に残っていると思います。

またそれに関連して、以前、首都圏を中心とした1都5県の水道水から、放射性ヨウ素やセシウムが検出されたというニュースが伝わったことがありました。


あのような出来事があったのですから、以後、飲料水における安全への意識が非常に高くなったのは当然のことだと思います。

水道水からの放射性物質検出のニュースの影響で当時はペットボトルの水が、商品の供給に不足が出てしまったりウォーターサーバーの水を急遽、申し込むという人が大変多くなったりしたわけです。


逆浸透膜(RO膜)システムで除去可能
さて、いかがでしょうか?あの時以来、人気のウォーターサーバーなのですが、この水の安全性についてです。こちらの水に放射性物質が混入しているようなことはないのでしょうか?

このあたりのことは、飲み水に関することですから、やはり気になるところだと思います。


はっきり言わせていただきますと、逆浸透膜(RO膜)システムを用いてろ過すれば、水に混入した放射性ヨウ素やセシウムを取り除くことができます

逆浸透膜(RO膜)システムというのは中々の優れもので、こちらのろ過精度が0.0001ミクロンなのに比較して、放射性ヨウ素やセシウムのサイズは相当バラバラではありますが、概ね0.01〜10ミクロンと言われております。


ということで理屈から考えますと、余すことなく取り除くことができることになります。



TOP PAGE