ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

ホットスポットとミニ・ホットスポット

ホットスポット
放射能関連の用語の中に、ホットスポットという言葉がありますがご存知でしょうか?

ホットスポットとは、原子力発電所で事故が起きた場合など、点状に発生する放射能汚染、あるいは放射性物質汚染とも言いますが、これら汚染の激しい場所のことです。

このように放射線の数値が強くなっている地域や場所、地点のことをホットスポットと言います。



放射性物質は、空気中に存在する塵に付着して風に乗って広がっていきます。また、雨が降れば放射性物質もその地域に落下してしまうでしょう。

そうしますとその地域が、他よりも放射線の数値が高くなってしまいます。

つまり、放射性物質の拡散はけして均一ではなく、風向きや天候、地形にも影響されてその濃度も違ってまいります。

そのような結果、ホットスポットと呼ばれる地域が存在してしまうわけですね。


ミニ・ホットスポット
さらに申し上げますと、ホットスポットはある規模の面積を持った地域のことをいいまが、これに対して「ミニ・ホットスポット」という言葉もあるわけです。

先ほどもご説明した通り、雨が降れば放射性物質の付着した塵も、雨とともに落下してしまいます。ところがその放射性物質を含んだ雨の集まる場所もあるわけです。


例えば公園の植え込みや雨どいなどですね。このような場所では、比較的高い放射線の数値を計測することがあります。

お上のようなことから、ホットスポットとは別にミニ・ホットスポットという言葉を使い分けることもあるのです。



TOP PAGE