ベクレルとシーベルトの違い

関連用語

食   品

放射能対策

放射性物質

放射能の危険性

原子力発電所関連

ホットスポットとは?

ホットスポットの意味
福島第一原子力発電所で事故が発生してから、色々な関連用語を聞き及ぶようになったと思います。

そのなかでも今回は、ホットスポットについて取り上げてみたいと思います。


さて放射能の関連用語の中で、このホットスポットにはどのような意味があるのでしょうか?

元々「ホットスポット(hotspot )」とは、局地的に何かしらの数値が高かったり、局地的に何らかの活動が活発であったりする地点や場所、そして地域のことを指さすための用語です。

これを放射能汚染にあてはめてしまうわけなのです。


通常は、放射線や放射性物質というのは、汚染の発端となっている地点から遠く遠くなればなる程放射能汚染の程度も低くなるはずですよね。このように考えるのが、一般的だと思います。

ところが実際に計測を行ってみますと、汚染源から同じような距離の地域であっても、局地的に放射線濃度が目だって高い地域の存在が明らかになっているのが現実です。


なぜホットスポットになるの?
このように、他の地域と比較して放射線濃度が特別に高くなっている場所を「ホットスポット」と呼んでいるわけです。

それではなぜこのようなホットスポットという場所が発生してしまうのでしょう?


一般的に放射性物質による汚染は、空気中の塵などに付着した放射性物質が、風によって広い地域へと運ばれて拡散していきます。

それは当然のことながら、拡散する時の風向きや風の強さによって汚染の程度も異なってまいります。


さらに雨が降った場合ですが、拡散していく塵に付着した放射性物質が、雨とともに地上へと落下してしまうため、その場所が他の地域よりも高い放射線の数値になってしまうことがあるわけです。



TOP PAGE